スタッフブログblogs

気象病

 

今年も早いものでもう6月ですね!

いよいよ梅雨の時期が近づいてきました。

 

特にここ数年は気候がかなり不安定でゲリラ雷雨や雹が降ったりと天気に振り回されてばかりです。

 

この不安定な気候は体調の良し悪しにもかなり影響を受けますよね。

 

テレビなどでもよく聞く気象病。

 

気圧の変化で頭痛が起こったり、体がだるかったり、めまいがしたりなど…

 

交感神経・副交感神経の切り替えが上手くいかず体内のバランスが崩れてしまい、さまざまな症状を引き起こすと考えられているそうです。

 

そんな気象病ですが、実は口腔内にもみられます。

 

天気が悪い日は歯が痛むと聞いた事はありませんか?

 

歯の内部には神経が通っている空間があり

その内部の気圧が外の気圧の急な変化についていけず差が生じる場合があります。

 

その影響で歯の内部から圧力がかかってしまい歯が痛くなることがあります。

 

それが気圧性歯痛と言われるものです。

 

気圧性歯痛は健康な歯には起こりません。

 

治療途中の歯や過去に治療した事のある歯、虫歯になっていたり膿が溜まってしまっている歯に痛みが出やすいそうです。

 

一時的にだからといって放置せず、早めに受診しましょう!

アシスタントの三輪でした⭐︎