エルビウムヤグレーザーyag laser

Er:YAGレーザー治療

レーザーは歯科治療の新しい方法として注目されています!
痛みのない歯の治療は皆の望みです。無痛で治療することは、歯科の課題として研究に研究を重ねられてきました。
そこで、痛くない歯科治療の最新のトレンドとして、レーザー治療についてご紹介しましょう。
ただレーザーといっても数種類あり、治療内容に適したレーザーを使い分けしないと、最良の結果は導かれません。
現在歯科治療には大きく分類して4種類のレーザーが使用されています。
単一のレーザーを使用している歯科医院もあれば、治療内容によってきちんと使い分けをしている歯科医院もあります。

一般の患者様にはレーザー治療の詳細はまだまだ認知されていませんが、それでも「こちらはどのようなレーザーですか?」という質問がたまに聞かれるようになっているそうです。
患者様にも、レーザーのことをほんの少し勉強していただくと、もっとレーザー治療が身近に感じられ、気軽に受けていただけると思います。

大切な歯をできるだけ残すためにも、歯の治療による不快感をなくすためにも、レーザーについて正しい知識をもち、積極的にレーザー治療を希望してみてください。
治療目的にあわせて使用するレーザーは違います。
虫歯治療に使えるのは「Er:YAGレーザー」だけ!

エルビウムヤグレーザー もっとも人にやさしいレーザーです。

日ごろより出来るだけ痛みがなく、大切な歯を一本でも多く残す治療を行っております。
そこで更なるスキルアップのためエルビウムヤグレーザーを導入致しました。
エルビウムヤグレーザーは、いろいろなレーザーの中でも極めて水への吸収が高いため発熱が少なく、表面で反応するので安全性が高く痛みと振動が少ない人に優しいレーザーです。

レーザー治療は痛くないの?

レーザー治療は、ほとんどの治療が無麻酔(麻酔無し)でできるほど、痛みを最小限に抑えられます。
麻酔注射による痛みや不快な思い、恐怖を感じることがないだけでなく、菌を除去する効果があり、処置後の早い治癒も期待できます。
従来のレーザーは痛みが出たという声も聞かれましたが、レーザーから発生する熱に原因がありました。
しかし、Er:YAGレーザーは先端から水をスプレー状に噴きつけて患部を冷却しながら治療していくので、痛みが少ないといわれています。
さらにレーザーは麻酔効果もあるといわれています。
Er:YAGレーザーは、生体の持っている水分に反応し、水分にレーザーが当たると一瞬で蒸発していきます。
そのため、痛みを感じることなく素早く治療することができます。

音や振動は、少ないの?

音も振動もきわめて少ない治療方法です!
「ガリガリ」と振動しながら歯を削る音は、誰でも敬遠してしまいますね。
治療がおわってからも、不快な気分が続くこともよくあります。
「痛み」は歯の治療からは逃れられないのでしょうか?
今までは歯をドリルなどで物理的・器械的に削っていたので不快な振動などは必ずともないましたが、Er:YAGレーザーによる治療はレーザー光で組織を蒸発させていくので基本的には振動はありません。
ドリルが回転するあの「キーン」や「ガリガリ」と歯を削る振動音もなく、ストレスの少ない治療が受けられます。

Er:YAGレーザーを使用する治療と従来の治療との違い

①麻酔の必要性が少ない(痛みが少ない)。

麻酔の必要が少ないという事は、不快な思いや麻酔の痛み、恐怖を感じることがないだけでなく処置後の治癒も早い。

②殺菌効果が期待できる。

熱作用による殺菌効果が期待できる。

③タービンを使わなくてすむ。

(不快な音を聞かなくてすむ)健全歯質の切削の少ない治療が出来る。

④振動が少ない。

患者様の恐怖感や不快な思いを軽減。

⑤生体の表面にのみ反応

生体組織の表面の水分に反応し蒸散するため、組織深部への影響が少ない。

⑥虫歯治療

レーザーを使えば、虫歯治療の際に虫歯の原因菌をより確実に除去できます。
それから詰め物をすることで、再発の防止ができます。
(虫歯治療のために、お口の中の金属などの詰め物(かぶせ物)を取り外す場合や虫歯が大きい場合には、通常の歯を削る高速エンジンなどを併用することがあります。お気軽にご相談ください。)

Er:YAGレーザーによる虫歯治療について

世界的にできるだけ削らない・抜かない治療(MI治療)が主流になっていく中、ついに日本においても2010年4月からEr-YAGレーザーによる虫歯治療が保険診療として認められました。

Er-YAG(エルビウムーヤグ)レーザーによる虫歯治療の長所・短所

長所

  • 小さなう蝕に対しては悪い部分だけを取って詰められます。
  • 虫歯の部分の歯の内部に侵入している細菌を破壊して殺菌できますので、う蝕が再発しにくくなります。
  • 大きな音や振動がなく、また痛みをほとんど感じずに治療を行えます。
  • 保険内治療です。

短所

  • 普通に削るよりも多少、時間がかかります。
  • 歯と歯の間や入り口が小さいう触などではレーザー光が届きにくいのであらかじめエンジンなどで削る場合があります。
  • 古い詰め物を除去することは困難ですので、従来のエンジンなどを使用しなければなりません。

歯周病治療

レーザーを使用することで切開の必要なく歯周病菌を除去でき、さらに弱ってしまった歯肉の血行を回復することができます。
歯と歯ぐきのミゾにレーザーをあて、歯周病の原因となっている細菌を急激に減らすことで、歯ぐきにたまった膿が自然に出て出血や痛みを抑え、治りを早くします。
ブラッシング指導、歯石除去や他の歯周病治療と併行してレーザー治療を行います。

口内炎・入れ歯による傷の殺菌

痛みがやわらぎ、ほとんど1~2回の治療で完治します。(疼痛緩和、治癒促進)

知覚過敏

知覚過敏は象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)がひらいて神経が刺激されることから起こります。
レーザーにより歯の表面に薄い膜を作り、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。